【咲-saki- 全国編】第5話「神鬼」

今回も色々追加されてますね。
TVアニメ的に解りやすさを重視してるのでしょうけど
なかなかになかなかな補完ぷり(って毎週言ってる気が

■神鬼とは

タイトル「神鬼」はコミック74局のタイトルでもありますが
自分はコミックの時から「鬼神」だと勘違いしてました。

エイスリンの絵を見てトシさんは「巫女が鬼」になったと言いました。

「神」を降ろしたと思われる神代小蒔、何故「鬼」?

彼女に降りた「神」は天孫降臨の時の九柱の神、「九面」と言われてます。
その中に「鬼」と称される者がいるんでしょうか。
それとも全てが「鬼」なのか、果たして。

■二度寝

永水の面々の追加セリフにより

・小蒔は公式戦でマイナスになった事がない
・自力で寝る事は無かった(今回初めて
・麻雀は小蒔はお付きの人と遊ぶ為に始めた

ここで色々出た事はある種の不安が過ぎるんですが・・・
ちょっと色々有りすぎるので、そのうちまとめたい所。

■へー

白糸台の大星淡。

コミックでは第74局でのセリフでした。
この回は2010年11月19日発売のヤンガンに掲載されてます。

阿知賀編での初セリフは13話で、雑誌掲載が2012年8月の事。

アニメとしては阿知賀編が先でしたが、作品としては
この「へー」は淡の初セリフになります。

ここでなんとなく生意気な感じから阿知賀編で本格登場するまでの約2年間は
色々とキャラ考察・妄想が多くされたキャラでしたね。
特にSSとか(笑

■次鋒戦

コミックではかなり端折られてしまった次鋒戦。

アニメでは多少補完されています。 特にエイスリンの能力描写が。

「理想の牌譜を卓上に描き出す」

「理想の牌譜を~」というからには未来予測している訳では無く
頭の中で展開を考えてそれを実現している?

本当にその通りになるなら、とんでも無い能力だけど
予定通りに進まないと途端にダメになるのは
対戦相手の動きまで制御している訳では無いか、
もしくは麻雀覚えてまだ間もない為に応用が利かない所為か。

成長するとどうなるやら。

とはいえこれだけだと何処までが能力なのか判りにくいかなあ。

結局まこ相手に何も出来ずに終了。

次回、中堅戦開始。

■今週の・・・

以下略

seela について

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: アニメ, 咲-saki- タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。