【シノハユ】第13話「悠彗(2)」/ 咲日和・鶴賀(6)

本編の休載もあり間隔が長く感じる今日この頃。

■リチャードソンのお相手はどっち?

慕の応援にリチャードソンと周藤瞬斗
そいや、瞬斗はバンド時代の名前何だろう、出てこないのかな。

悠彗「あの二人デキてんの?」
閑無「いや慕の叔父さんだぞ」
杏果「・・・・・・」

悠彗は小学生にしてその域に達しているのか。
前回池袋の名を出しただけの事はある。

■試合開始

順調に勝ち進んでいる面々

悠彗はフルネームで「本藤悠彗」

この大会は1位勝ち抜けのトーナメント戦なのかな?
1日でぜんぶやるっぽいので時間は掛けられないだろうから
半荘1回とかかな?
そうなると運の要素が強そうな感じかなあ。

インハイの個人戦はどういう感じか気になる所。

そして慕と悠彗の対戦
悠彗の方が調子良く進むも最後は慕に逆転負け。

■決勝開始

決勝へ進んだのは、慕、閑無、杏果、そしてはやりん。
悠彗が来るかと思ったけど、途中慕に敗れて進出ならずか。

試合は悠彗のモノローグで進んでいく感じになるのかな。
彼女達ともっと打ちたいと思って、同じ中学を目指すとか。

そして決勝進出者達の想い

はやりんは大切な人を追って

閑無は友達との日々

慕は母を想い・・・

順当にいけば、はやりんの連覇(3連覇?)となりそうですが
この所存在感の薄い主人公・慕の活躍を期待したい。

そしてこれが終われば中学生編か、もしくは高校まで飛ぶのか。

■咲日和・鶴賀(6)

占いが良くなくて消えたモモ
頭なでなでは優しさなのか?

空回りするモモ、そしてかおりんは癒力は半端ない。

珍しく口を閉じてる蒲原さん、レアだ。

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, シノハユ, 咲-saki- タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。