【咲-saki-】第133局「決闘」


今回はカラー。
前回のカラーからかなり短い間隔で来たけど、単行本もカラーで掲載されるのかな?

さて試合始まり、特にユキとダヴァンがどういう打ち方で来るかが見物。

ユキの「7回」、ダヴァンの去年の方向転回が能力と関係しているのか。

早速聴牌なダヴァン、そして観戦中の千里山勢

フナQ「自分が聴牌しているときだけ他家の聴牌状況を把握できる」

相変わらずな分析力のフナQ。

聴牌の時のみというのは早く聴牌出来る力は無いのかな。
そうなるとスピード勝負になると厳しいか?

リーチする和、すかさず追っかけるダヴァン

「決闘」

これは能力なのかどうか。
相手に当たり牌をつかませる能力?
「放銃」と言うぐらいだし、何か能力的なものか??

去年の透華から逃げて別の学校をトバしたのも 相手に放銃させたのだろうか。

そして次回は休みなく11/21に。

 

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, 咲-saki- タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。