【咲-saki-】第134局「対策」

副将戦の続き。
4人全員テンパイ状態から。

ダヴァンはテンパイした相手が決闘衣装にみえるのね。 便利というか何というか(笑

しかし誰かにデュエルを仕掛けると他から狙い撃ちの可能性も
そう考えると結構使い所の難しい能力の様な。

そしてわざと崩す絹恵。
ダヴァンの特性はプロには見破られている模様

この世界のプロの力がどの程度なのか気になりますね。
今のところ名前が出ている人達はトップに近い人ばかりなので。

以前リザベーションが「プロでも破れない」と評されましたが
逆に言うとそれ以外の能力はプロなら対処出来るという事なのか。

そして有珠山・ユキがテンパイ。
決闘開始、ここでユキがトバされたら、3位の清澄も敗退に。
さてさて。

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。