【咲-saki-】第135局「攻戦」

阿知賀編のアニメがBOXされるそうで。
特典として作成されるアニメ「玄の誕生日」
アニメ全国編1巻に付いていたコミックの奴ですね。

これはこれで見たいけど、どうせならコミックの番外編も見たかったかなあ。
こっちもいつか映像化して欲しい所存ー


さて本編。
ダヴァンとユキの決闘開始

と、思いきやユキは手を崩す。
前回の姫松同様、有珠山側にも見抜かれている模様。

そんな駆け引きをものともしないのどっち。
リーチを掛けて決闘開始

かと思いきや、即ロン。

透華と戦えない事を残念がっていたダヴァンですが
龍門渕を倒して勝ち上がった清澄、決勝で区間一位のモモと
改めて長野勢のすごさを感じたようで

ダヴァン「なんとなく過去の自分をごまかすことにしましょウカ」

ちょいとへたれたダヴァン(笑

ここで阿知賀へ

相変わらずドラゴン復活の儀式中の面々

憧は和の牌譜を研究中
憧にとっては和の打ち方が理想の形だそうで
まあ「能力」とか考えないとそうだよね。

ダヴァン「今年の準決勝は2校抜けのせいで」

「今年」って事は去年は違ったのか?
もし去年は1位のみが決勝行けたのなら、今年とかなり違うというか
じゅんけつが4試合ある事になるので、今年の2回戦が去年のじゅんけつになるけど、
どうなんだろう。

ダヴァン「個人戦とコクマは留学生出場不可」

あれ、個人戦に留学生不可ってのは初出だっけ?
このセリフも気になるなあ。

次回お休みで年内は今回で終わり。
(まだシノハユはありますが)

今年も咲的には濃い一年でしたね。
特に全国編のアニメもあったし。

来年とりあえずは咲日和のODA、Vitaのゲームは決まっているけど、
他にも展開あるかどうか。

 

seela について

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。