【シノハユ】第25話「季夏」/咲日和・佐賀の巻(1) / 立-Ritz-(2)

s25a
センターカラー、表紙にはちょっとだけ登場。

結局母は見つけられず。
しかしこれからも勝ち続けて見つけてもらう事を宣言。

姉と対話する為に勝ち続けると言った咲に通じるものがありますな。


■進学

中学は団体戦がメインになるみたい
団体戦になると登場人物が一気に増えるから楽しみではある。

咲本編に出ている学校でも中等部のありそうな学校が結構あるので、知っている学校も出てくるかなあ。

慕や閑無達は湯町中、悠彗は万原中。
中学でもライバルとして戦う形になりそう。
そしてはやりんはまだ決まってない模様。
湯町中で合流する事になるかな。そうなると県大会までは余裕そうなチームになりそう。

■その頃の母

ここで白築ナナ登場。
まさか出てくるとは思わなかった。

ナナは現世界王者・ニーマンと行動を共にしていた。
しかも記憶喪失っぽい?

前回慕に手紙を渡したのは娘と解らずにいたのか、もしくは記憶喪失のふりをしているだけという可能性も?

リチャードソンが慕に捜索費用は「元上司」が出してくれると説明
勿論これは嘘だろうけど。
ナナがどういう仕事していたとかそういう所は慕はまったく知らないままなのかな。

次回から中学編になるのか、進学で諸々あるのか。

■ニーマンの能力・モモの能力

s25b
ニーマン「私の魔法はそんなに弱くねーぞ」
ニーマン「試合中に牌よりも他の事を大事に考えていたあいつが悪いんだ」

これらのセリフからナナはニーマンの「魔法」によって記憶を奪われた模様。
試合中に相手の記憶を奪いとかそういう能力なのか?
本来なら牌の動きとか試合的な事なんだろうけど、牌よりも慕の事を考えていたとう事か。

以前モモの能力を「ブルーメンタール姉妹やニーマンあたりには通用しない」と言っていたが、このニーマンがシノハユのニーマンの子供もしくは親類で同じ能力を持ってるとしたら。

s25c
(咲7巻 117ページより)

「ステルスモモ」は相手から本人が見えなくなるだけでなく、捨牌も見えずリーチの発声にも気が付かなくなる、単に姿を消すだけでは無い能力な訳で
もしかしてモモの能力も相手の記憶から自分の存在を消す力なのかも。

ニーマンとモモの能力は似ている、その上でニーマンの力が勝れば「通用しない」という事か。
■久々の表紙予想

そしてコミック5巻は来月発売。

4巻までの4人は朝酌女子でチームとなるであろう4人。
もう一人は杏果かそれ以外になるのか不明な所。

そういう意味で5巻表紙で杏果が朝酌女子版だったら5人目確定なんだろうけど、
タイミング的には全国に出た誰かだろうか。
しかし今までの表紙は高校生版だけに、小学生の姿だと違和感もあるかなあ。

本命:赤土晴絵・阿知賀女子ver
対抗:杏果・朝酌女子ver
大穴:三尋木咏・妙香寺ver

咏さんのカードに書かれていた「妙香寺」はたぶん高校名だと思うので、ここで先出に期待。
和服じゃない姿も見てみたい。

■咲日和・佐賀の巻(1)

立ち位置的にはメインキャラという訳でもない新道寺。
しかも2人だけ。
そんな2人が帰郷してごろごろするだけの話。

それでも話が成り立つ濃さが咲らしい。

佐賀でお土産屋を行くと福岡土産が。
以前大阪出張行った時にお土産に八つ橋と神戸プリンを買ったのを思い出した。
なんか大阪土産ってコレというのが無くてねえ。

実は顔を覚えられていた有名人あるある。
中学時代も麻雀で活躍してたっぽいので地元では有名だったんだろう。

前回「映画の巻」には(1)ついてなかったけど、今回ついているという事は2回目もあるという事か。期待。

■立-Ritz-

一応麻雀漫画っぽくなってきた(?)

次回立先生も参戦となりそうか。
麻雀アニメの声優が麻雀強くないとダメなら、麻雀漫画の作者の腕前はどれほどか。

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, シノハユ, 咲-saki- タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。