【咲SS】saki/zero 第1話

以前「こんなアニメ全国編は嫌だ」というネタやった時、一番反応があったのが 「10年前のインハイ」ネタ。やっぱりキャラ達の過去は気になりますよね。

特にプロ達の学生時代とか大いに気になる所。 という事でさらに妄想を膨らませてみました。

■saki/zero 第1話:出会い

7年前・インターミドル大会決勝

実況「今年のインターミドル個人戦優勝者は~」

実況「弓振中学一年、戒能良子~~!!」

実況「一年生が優勝するのは大会始まって初めての事ですよね。」

健夜「ええ、まだ荒削りですけど、実践を積めばいい選手になると思います。」

実況「相変わらず若い子に厳しい小鍛治健夜・現四冠の解説でした。」

健夜「まだ若いよ!20歳だよ!!」

実況「優勝インタビューが始まるようです!」

・・・

インタビュアー「目標としているプロ、好きなプロはいますか?」

良子「。。。土さん」

インタビュアー「え?」

良子「赤土晴絵さんです!」

・・・

実況「アカドさん?プロにそういう名前の方いらっしゃいましたっけ?」

健夜「・・・懐かしい名前です」

実況「お知り合いですか?」

健夜「・・・プロではありませんが・・昔、少し・・・」

健夜(赤土晴絵・・・私が初めて「壊した」人・・・)

健夜(あの日から私は修羅の道を歩いている・・・・)

12年前・茨城県・土浦女子

麻雀部部室

部長「では新入部員の皆さん、順に自己紹介を」

・・・
・・・

健夜「A組の小鍛治健夜です。中学の時は麻雀をしていませんでした。」

・・・

はやり「C組の埜上はやりです☆中三の時ミドルで三位でした☆」

・・・
・・・

部長「今日は一年生は適当に組んで打って下さい」

・・・
・・・
・・・

部活後・麻雀部部室

副部長「今年は有望な新人が入りましたね」

部長「埜上はやりか・・・」

副部長「ええ、去年のミドル観戦しましたがとてもうまい打ち方をしていました」

副部長「他にめぼしい子はいました?」

部長「・・・小鍛治の今日の牌譜はあるか」

副部長「これです、言ってはなんですが見た目通り地味な打ち方ですね」

部長「・・・3局ともプラスマイナスゼロか・・・」

同刻・帰宅路

健夜(・・・・)

健夜(・・・なんで麻雀部に入っちゃったんだろう・・・)

??「こ~か~じさん!」

健夜「え?」

健夜「・・・えっと、埜上さん?」

はやり「あは☆名前覚えてくれてたんだ☆」

健夜「有名ですもの、埜上さん」

はやり「さしずめ『美少女雀士☆』ってところ?」

健夜「・・・」

はやり「冗談だってば~」

健夜「・・・何かご用ですか」

はやり「・・・3連続プラマイゼロ」

健夜「・・・」

はやり「あれワザとだよね?」

健夜「・・・」

はやり「あんな事ができるなら相当な腕だと思うけど☆」

健夜「・・・なんです」

はやり「え?」

健夜「私は麻雀、それほど好きじゃないんです」

はやり「・・・じゃあ、目障りだからさっさと辞めてくれる?」

第1話・了

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: SS, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

【咲SS】saki/zero 第1話 への2件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    おいおいおいおい!こんなところで止めるなんてもったいない!
    貴方ならまだまいけるいける頑張れるってばよ!

    • seela のコメント:

      ありがとうございます(ペッコリン
      どこまでいけるか解らないけど、細々と書いていこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。