【咲SS】saki/zero 第3話

「6~7年前編」は当初1話の頭のみに書く予定が、なぜか続いてます。
「10~12年前編」が本編なのですが、何か判りにくくてすいません。
さらに脱線しそうになったので、そちらは外伝として纏めます。

■saki/zero 第3話:決勝

6年前・長野県・インハイ予選会場

実況「ついに団体戦決勝も大将戦となりました!」

実況「ここまでの点差はほぼ無い状態!」

実況「勝てば2連覇となる風越は一年の久保貴子!」

実況「去年惜しくも準優勝となった弓振は三年の藤田靖子!」

実況「そして--」

・・・
・・・

実況「試合開始です!」」

・・・

??「アレがトシさんのお気に入り?」

トシ「別に・・・単なる暇つぶしさ」

・・・
・・・

靖子「ロン」

貴子「!な!!」

実況「お~っと、久保選手、藤田選手に倍満振り込みだ!」

貴子(・・・私が倍満振り込み・・・)

貴子(・・・風越の伝統に泥ォ塗った・・・)

・・・
・・・

靖子(・・・あれ・・・)

靖子(・・・力がでない・・・・)

・・・

??「・・・あの程度?思ったほどじゃなかったね」

トシ(・・・ここまでか・・・)

・・・

実況「風越久保選手、再度逆転!」

実況「風越の優勝です!」

靖子(・・・っく!)

12年前・茨城県・土浦女子

麻雀部部室

健夜(・・・結局あれから誰も名乗りを上げなかった)

健夜(・・・おかげで私が大将に・・・)

健夜(・・・埜上さんどういうつもりなんだろう)

健夜(・・・私の事嫌っているはずなのに推薦だなんて・・・)

健夜(・・・それとも嫌っているから推薦した・・?)

部員「小鍛治さん、またプラマイゼロ?」

部員「いい加減気味悪いよね・・・」

帰宅路

??「埜上さん!」

はやり「!」

??「ウイークリー麻雀TODAYの東田です」

東田「取材いいかしら」

はやり「お久しぶりです☆」

東田「去年の埜上さんの記事評判良くってね」

カメラマン「巨・」ドゴッ

東田「そうそう2週間後に行われる新人戦だけど」

東田「注目している選手はいる?」

はやり「・・・いませんね☆」

はやり「強豪とか選手とか詳しくないですし☆」

はやり「自分のスタイルを守っていれば」

はやり「誰が相手かなんて」

はやり「関係ありません☆」

・・・

東田(さっき彼女は言いよどんだ)

東田(あの天才・埜上はやりが意識する選手がいる-)

東田(しかもそれを認めたくないんだわ)

東田(一体・・・)

東田(どんな選手なのかしら-)

五月・茨城県・新人戦会場

土浦女子・控え室

次鋒「なんだかんだで決勝までこれたね!」

中堅「やっぱり、はやりちゃん強いね」

はやり「えへ☆」

健夜(・・・)

副将「埜上さんのおかげで私たちの出番がほとんど無いね小鍛治さん」

健夜「え、ええ・・・」

・・・

実況「新人戦もついに決勝です!」

第3話・了

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: SS, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

【咲SS】saki/zero 第3話 への2件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    ??…一体何者なんだ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。