【咲SS】saki/zero 第7話

前回でやっと12年前編が終わりました。
もう少し短く纏める技術が欲しい所存~。

今回は少々幕間的?な話です

■saki/zero 第7話:全国

10年前・茨城県・土浦女子

麻雀部部室

健夜「し、新入部員のみなさん、は、初めまして、部長の小鍛治です」

健夜「で、ではまず、自己紹介から--」

副部長「部長、落ち着いて」

・・・

一年生「小鍛治先輩ってすごく強いらしいね」

一年生「去年のインハイ団体戦、すごかったよね」

一年生「惜しくも準決勝で稼ぎ負けたけど」

一年生「個人としては一度もマイナスになってないし」

一年生「でもどうして個人戦には出ないんだろう」

一年生「出てれば優勝しててもおかしくないと思うけど」

・・・

健夜(一昨年、去年とインターハイ本戦出場出来た・・・)

健夜(残念ながらどちらも準決勝止まりだったけど)

健夜(島根代表には・・・埜上さんはいなかった・・・)

・・・
・・・

6月・茨城県・インターハイ予選会場

実況「決勝戦もついに大将戦!」

実況「3年連続出場を目指す土浦女子は3年の小鍛治選手」

実況「そして対する--」

・・・
・・・

実況「大将戦終了!今年も優勝は土浦女子!」

健夜(・・・今年こそ・・・会えるかな・・・)

・・・

同刻・島根県・インターハイ予選会場

実況「大将戦終了!今年は初出場の朝酌女子の優勝です!」

朝酌女子・控え室

??「・・・ただいま」

先鋒「おかえり・・・まあ当然の結果だよね」

次鋒「予選は勝って当たり前、本番は全国からだね」

中堅「どうせ全国も大したことないだろ」

副将「どうだった大将戦は?・・・瑞原」

瑞原「・・・調整にもならない」

・・・

同刻・某所

??「お~っと、山田選手見事な振り込みだ~~」

??「今年も『振り込み女王』は健在だ~~」

母「恒子!うるさいわよ!ご近所迷惑でしょ!」

恒子「は~い」

福与恒子

恒子「今年はインハイのチケットも取れたし」

中学2年生

恒子「会場で実況とかやったら怒られるかな?」

趣味・勝手に実況

恒子「楽しみだな~」

将来の夢・スーパーアナウンサー

・・・
・・・

第61回インターハイ全国大会

開幕

第7話・了

seela の紹介

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: SS, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

【咲SS】saki/zero 第7話 への6件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    本編でもあったこーこちゃんの応援フラグですかな。
    彼女は中学からあまり性格変わってなさそうですな。

  2. 匿名 のコメント:

    地道に進んでますね、楽しみにしてます。
    振り込み女王がWORKINGの山田に脳内変換されましてw

    山田「山田、また振り込んでしまいました…」ナミダメ

  3. 匿名 のコメント:

    照は右腕ギュルギュルだけどはやりんはもう風に変化しちゃってる感じ

    • seela のコメント:

      照のギュルギュルみたはやりんが
      はやりん「あなたこそ2代目Whirlwindです!まずはこの服を・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。