咲 Award 2012

今年も色々ありました。
個人的にはブログ再開した事ですが、まさかここまで咲オンリーなブログになるとは(笑
本当はゲームブログのつもりだったんですけどねえ。

そんなこんなで今年あった咲についての総まとめ。
個人的ニュースベスト6(中途半端な)、MVPなどなど。

■重大ニュース

第6位 プロ大量登場

DVD付録の事もあってか本編にプロが大量出場しました。

各プロ色々と個性が出てますが、特に衝撃を与えたのが はやりんことはやりん(28)
SSやブログネタでも多く使われましたね。

第5位 全国編アニメ化発表

いづれ来るだろうとは思ってましたが、ここで来るんかアニメ化!!
放送は来年か?放送するとしてどこまでやるのか??
色々気になる発表でした。

第4位 咲の過去

連載初期から出ていた咲の過去。
その一端が出てきましたが、思いの外重そうな内容に衝撃が走りました。
以前にも増して妄想が捗るようになり、果たして金髪(?)少女は一体??

第3位 スピンオフ本格開始

3月に咲 -Saki- のスピンオフ作品

「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1巻」
「咲日和 第1巻」

共に発売、どちらも好評でした。
特に咲日和はキャラの幅を広げたすばらな作品でした。

第2位 本編2回戦終了

2010年8月に始まった2回戦、約2年を掛けて遂に終了。
しかも多くの人が予想してたであろう結果と違い、かなりの驚きを与えました。

第1位 アニメ阿知賀編放送

やはり今年はこれですね。 新たなファンも大勢生まれましたし。
内容も少年マンガ雑誌連載を意識してか非常に燃える展開ですし 非常に楽しませて貰いました。

■名場面

阿知賀編 第12話より

別れることはよくあることで」から「私は待ってる」の流れは今年一番の泣きポイントでした。
アニメ版の演出は千里山側に傾倒してしまったのでイマイチなんですがコミック版は本当にすばらでした。

次点としては

捨てゴマまかされました!」阿知賀編10話
それが阿知賀の和了り牌や・・・・・・!!」阿知賀編12話

などなど、今年は阿知賀編の準決勝先鋒戦がともかく印象深かったですね。

■MVP

千里山女子高校3年・園城寺怜

クロチャーを推したい所ではありますが、やっぱり活躍を考えると怜ですね。

次点はこの2人。 こちらも阿知賀編の準決勝先鋒戦が強いですね。

■来年は・・・

本編は準決勝開始、阿知賀編はクライマックス、そして アニメ阿知賀編の14、15話さらには全国編のアニメがあるかも?と まだまだ盛り上がりが続きそうで期待大ですね。

 

seela について

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: コミック, 咲-saki-, 雑記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。