【咲SS】くるみがんばる!

花粉で死につつも久しぶりにSSとか書いて見たり。

以前書いた「マヨヒガ」のあとがきにも書きましたが 宮守の3人はシロと塞は小さい頃からの幼なじみ胡桃は高校で出会ったというイメージでした。

前のSSではシロ塞でしたので、今回は胡桃が高校に入学した頃のお話です。

・・・
・・・

小学校2年生の頃から身長伸びてない

中学の頃はいつもからかわれていた

高校に行ってもきっとからかわれる

だから勉強もスポーツも何でも一番になる

一番になればからかわれない

きっと・・・

・・・

岩手県・宮守女子高校

同級生「テストの結果が張り出されるよ」

同級生「1位は1組の臼沢さんか・・・頭いいよね」

胡桃(ぐぬぬ・・・)

同級生「2位は・・・3組の鹿倉さんか、ちっちゃいのにすごいね」

胡桃(ちっちゃいは余計だよ!)

鹿倉胡桃・高校1年生の春

・・・

クラスに気に入らない奴がいる

白髪頭でいつもだるそうに寝ている

勉強並程度

スポーツダメダメ

どう見たってダメ人間

だけど

彼女の周りには人が集まる

なんで

何も努力してない奴に

どうして

私はこんなにも努力してるのに

・・・

??「シロ!お昼食べよ!」

胡桃(1組の臼沢塞、また来た)

胡桃(いつもあの白髪頭の所に)

塞「ん?」

胡桃(やば、目が合った)

塞「えっと、鹿倉さんだったよね?」

胡桃「ええ」

塞「一人なら・・・一緒にお昼食べない?」

胡桃「・・・結構です」

塞「そ、そう、鹿倉さん頭良いいし、話し合いそうだったんだけど」

塞「それじゃ・・・」

胡桃(頭いいって、1位のクセに・・・嫌味にしか聞こえないよ)

・・・

別に友達が欲しい訳じゃ無い

一人でお昼が嫌な訳じゃ無い

一人で結構私にかまわないで

からかわれる位なら一人ぼっちで結構

・・・

数日後・教室

先生「クラブ活動だが・・・」

先生「入部希望の者は今週中に届けを出すように」

胡桃(部活かあ・・・)

・・・

クラブ活動どうしよう

そんなに興味ないけれど

1番になるためには入らなきゃ

スポーツ系で活躍するのもいいかな

それとも文化系で意外な才能発揮しちゃう?

どうせなら生徒会を狙ってみようかな

あいつは・・・

あいつはどこに入るのかな

・・・

放課後

白望「・・・」

胡桃(あいつはきっと帰宅部だよね)

胡桃(臼沢はどこかに入ってるのかな?)

胡桃(ここの情報処理部、結構有名らしいね)

胡桃(頭のいい先輩がたくさんいるみたいだし)

胡桃(もし臼沢が入ってるなら私も・・・)

塞「シロー部活いくよーー」

白望「ダル・・・引っ張ってって・・・」

塞「何いってるのもう」

胡桃(あの白髪頭も部活やってる?)

胡桃(きっとやりたくないのに臼沢が無理矢理さそったんだろうな)

胡桃(一体・・・何部?)

同級生「小瀬川さん麻雀部に入ったらしいよ」

同級生「え~私も入ればよかった」

胡桃(麻雀部?臼沢も??)

・・・

麻雀なんて遊びじゃん

麻雀なんてゲームじゃん

勝つのも負けるのも運次第

世間じゃ最近ブームだけど

麻雀強くても頭いい訳じゃない

麻雀強くても何にもならない!

・・・

塞「まったく・・・麻雀打ってる時はちゃんとしてるのに・・・」

塞「麻雀部1位なんだからシャキっとしなさい!」

胡桃(1位?あいつが??)

・・・

勉強1位は臼沢塞

麻雀1位は小瀬川白望

私は勉強2位・・麻雀は??

・・・

胡桃「臼沢さん」

塞「なに?鹿倉さん」

胡桃「麻雀部・・・仮入部させてもらえるかな」

塞「鹿倉さんも麻雀やるんだ!大歓迎だよ!!」

胡桃「あくまでも仮入部よ」

・・・

麻雀やりたい訳じゃない

部活やりたい訳じゃない

友達欲しい訳でもない

私が1番って証明したいだけ

私が1位になったらなら

即辞めてやるんだから!

・・・

麻雀部・部室

白望「ツモ」

3年生「あ~またシロちゃんがトップか~」

塞「ふふ、先輩またラスですよ」

3年生「塞ちゃん2位で胡桃ちゃん3位かあ」

3年生「胡桃ちゃんも結構やるね」

胡桃「・・・」

・・・

『胡桃ちゃん』とか呼ばないでよ

先輩とはいえ

今日会ったばかりの人に

名前で呼び合うなんて

もっとお互いを知ってからでしょ

勝手に距離を縮めないでよ

・・・

胡桃(・・・それにしてもこの白髪頭)

胡桃(かなりうまい)

胡桃(単に運がいいだけじゃない)

胡桃(何か不思議な力を感じる)

・・・

数日後・麻雀部・部室

白望「ツモ」

胡桃(また・・・)

・・・

私が勝つこともある

でもそれ以上にあいつが勝つ

トータル成績はあいつがいつも1位

でも私は・・・

・・・

白望「力入りすぎ」

胡桃「え?」

白望「もうすこし・・・力抜いた方がいいよ」

白望「そんなんじゃ・・・疲れるでしょ・・・」

胡桃「・・・」

・・・

翌日・麻雀部・部室

塞「あ、鹿倉さん、今日も来てくれたんだ」

胡桃「これ・・・」

塞「入部届け?そう、入部してくれるんだ!」

塞「一緒にがんばろうね、鹿倉さん」

胡桃「・・・胡桃」

塞「え?」

胡桃「私の名前・・・胡桃だから・・・」

塞「そう・・・じゃあ私も塞って呼んでね」

塞「あと、あそこでダルそうに転がってるのは『シロ』って呼んで」

胡桃「うん・・・わかった・・・塞・・・シロ・・・」

塞「これからよろしくね!胡桃!!」

・・・

麻雀やりたい訳じゃない

部活やりたい訳じゃない

友達欲しい訳でもない

でも・・・

ひとりよりふたり

ふたりより・・・さんにんが楽しい!

くるみがんばる!・了

seela について

ゲーム(RPG)やマンガ好きな一般人。最近は日常系など緩い作品が好きです。
カテゴリー: SS, 咲-saki- タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。